注目度ナンバー1間違いなし

日産マーチは、日産自動車が販売するハッチバック型のコンパクトカーです。

トヨタ・ビッツ、ホンダ・フィットと並び、この日産マーチは人気のコンパクトカー御三家の一角を占めます。
コンパクトなボディーですが、室内は意外と広く、大人4人が快適に過ごすことができる車内となっています。

今、日産マーチでもっともホットな話題が、オープンモデルの発売です。
テレビCMでも少し紹介されている、マイクラC+Cというのが、このオープンモデルです。マイクラC+Cは、日産 マーチの欧州モデルで、2005年から欧州で販売されています。

日本の日産マーチでは、1997年にカブリオレモデルが発売されています。このカブリオレモデルは、幌がついていたタイプですが、今回、輸入が決定した、日産マーチ オープンモデルは、ハードトップタイプで、屋根を閉じた時には、通常のクーペタイプとなります。

オープンカーとなった日産マーチは、以下のような変更点があります。

1.日本未採用のスポーツグリル。

2.車高、車長の見直し。

3.ルーフを格納するためのドアから後ろのデザイン変更。

4.エンジンが欧州モデルの1.6リッターDOHC110ps。

5.トランクスペースは、トランクスペースはクーペ状態で457リットル、オープン可能状態で225リットル。右ハンドル車です。

そして、気になる屋根の開閉時間、22秒です。これなら、信号待ちの間にも開閉ができますので、急な雨に備えることもできるでしょう。

グラストップなので、屋根を格納すると、普段はクーペとして使うことができます。そして、気候の良い時には、オープンとして楽しめる、このオープンモデルの日産マーチは、1台でその用途は、2台分に相当します。

夏の発売が待ちどおしい、注目度ナンバー1間違いなしの一台です。
チェックしておいて下さいね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3864040
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック