欧州モデル、マイクラC+C

日産マーチは、日産自動車が販売するハッチバック型のコンパクトカーです。
トヨタ・ビッツ、ホンダ・フィットと共に、今、日本でもっとも人気のあるコンパクトカーの一つですが、欧州市場での販売も視野に入れており、日本以外では「Micra(マイクラ、ミクラとも読む)」名で販売されています。

日産マーチは、本当に町でもよく見る車種の一つです。

最近のTVCMでは、マーチのオープンタイプが紹介されていますね。今年、2007年夏に、マーチのオープンタイプが日本でデビューすることが決まりました。

このマーチのモデルは、日本では取り扱われていないため、欧州モデル、マイクラC+Cが輸入車として、取り扱われます。
日本の日産マーチでは、1997年にカブリオレモデルが発売されています。このカブリオレモデルは、幌がついていたタイプです。

今回のマイクラC+Cは、幌ではなく、ハードトップタイプで、すこし、グレードアップしています。
マイクラC+C、欧州モデルの日産マーチは、フロントグリルの変更、ルーフを格納する後ろ部分の変更、車高、車長の見直しなど、さまざまな変更がかけられています。

そのほか、エンジンでは、日本仕様に存在しない1.6リッターDOHC110ps。これに4速ATが組み合わされたものとなっています。

トランクスペースはクーペ状態で457リットル、オープン可能状態で225リットルの容量があります。ハンドルは右ハンドルとなっています。

気になる、ルーフの開閉時間ですが、22秒とすばやい開閉時間となっています。

グラストップのオープンモデルは、屋根を閉じれはオープンカーであることを忘れるほど、普通の乗用車として扱えます。そして、オープンにすると、オープンカーでなければ、わからない爽快感があります。

グラストップモデルの日産マーチ、これから、注目度ナンバー1間違いなしの一台です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3866700
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック