ハッチバック型のコンパクトカー

日産マーチは、日産自動車が販売するハッチバック型のコンパクトカーです。
トヨタ・ビッツ、ホンダ・フィットと共に、今、日本でもっとも人気のあるコンパクトカーの一つです。

日産マーチは、コンパクトなボディーですが、室内は意外と広く、大人4人が快適に過ごすことができる車内となっています。

日産マーチのCMは、よく目にします。
最近のCMで、終わりの方に欧州モデルのオープンタイプのマーチが紹介されているのは、ご存知ですか。

2007年夏に、マーチのオープンタイプが日本でデビューすることが決まりました。日本では取り扱われておらず、マイクラC+Cという欧州モデルが輸入されることが決定しています。

日本の日産マーチでは、1997年にカブリオレモデルが発売されています。このカブリオレモデルは、幌がついていたタイプです。
今回のマイクラC+Cは、幌ではなく、ハードトップタイプで、すこしグレードアップしています。

日産マーチのオープン化にあたり、どのような点が変更になっているのでしょう。
見た目のシルエットもだいぶ変わっていますが、細かく見ていきましょう。

ベースのマイクラ(マーチ)に比べ全高を110mmダウン。全長を90mm延長し、ロングデッキ・ローフォルムのエレガントなスタイルとなっています。気になるハンドルは、右ハンドル車、違和感がありません。エンジンは日本仕様に存在しない1.6リッターDOHC110ps。これに4速ATが組み合わされたものです。
ルーフは、電動式グラスルーフで、約22秒で、開閉が可能です。

日産マーチのカブリオレモデルに続き、欧州モデルのオープンモデル。
どちらもとても魅力的ですが、今回、グラストップ採用ということで、ますます魅力的になりました。

普段はクーペとして使い、気候の良い時には、オープンとして楽しめる、このオープンモデルの日産マーチは、注目度ナンバー1間違いなしの一台です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3873644
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック