オープンカーに最適な季節

日産マーチは、トヨタ・ビッツ、ホンダ・フィットと共に、今人気の代表的リッターカーの一つです。

パイクカーの「Be-1」・「パオ」・「フィガロ」などは、実は、この日産マーチの派生車種です。
室内は意外と広く、大人4人が快適に過ごすことができる評判の車です。

最近のTVCMに日産マーチのオープンタイプが紹介されていることに気付いている方もいるのではないでしょうか。
今年、2007年夏に、マーチのオープンタイプが日本でデビューすることが決まりました。

このマーチのオープンタイプ、すでに欧州では人気です。
オペルの「206CC」や「ミニコンバーチブル」「オペルティグラ」などと共に「マイクラC+C」として発売されています。

日本の日産マーチでは、1997年にカブリオレモデルが発売されていますが、今回のマイクラC+Cは、幌ではなく、ハードトップタイプで、すこし、グレードアップしています。

オープンカーとなった日産マーチは、通常の日産マーチとかなり異なっています。
特徴はやはり、オープンになること、このため、後ろの方は完全にオリジナルのデザインとなっており、シルエットも大きく変わっています。

ルーフは、電動式グラスルーフで、約22秒で、開閉が可能、スタイリッシュなクーペ&コンバーチブルモデルとなっています。屋根を格納するトランクは、クーペ状態で457リットル、オープン可能状態で225リットルの容量があります。

気になるハンドルは右ハンドル、エンジンは、日本のマーチには存在しない、1.6リッターDOHC110ps。
これに4速ATが組み合わされたものです。

このような魅力満載のグラストップのオープンモデル、日産マーチは、屋根を閉じた状態でも、普通のクーペとしてとてもかっこいい自動車です。

実は、オープンカーに最適な季節は、冬なのですが、夏のデビュー時に手にいれて、秋、冬とオープンカーの醍醐味を堪能するもの良いと思いますよ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3879370
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック