愛嬌のある可愛い顔

日産マーチ情報館へようこそ。
日産マーチの魅力の世界をご一緒に探索しましょう。

町中でさっそうと走る日産マーチを目にすると、思わず見入ってしまいますね。
愛嬌のある可愛い顔とカラフルなカラーリングは注目度満点です。

私、昔の日産マーチ(四角っぽいスタイルの)に乗っていたことがあるのですが、「荷物がたくさん積める」というのが印象でした。
スタイルは「無難」といったところでしたね。
リコールも一回ありました(^^;)。

日産マーチは、今のデザインになって「全く別の車」として、生まれ変わったという感じです。

日産マーチはTVcmでご承知のように、カラーリングバリエーションの豊富さが特徴です。きれいな色は、見ていて気持ちいいですよね。

また、日産マーチは「カブリオレモデル」のように幌付きのタイプや「日産マーチマイクラC+Cモデル」というオープンカータイプなど、常にわたしたちにサプライズを与えてくれます。

これからも、日産マーチの人気は高まっていくでしょう。中古車市場でも品薄のようで、手に入りません。これは、日産マーチがカスタムカーに適していることの表れなのだそうです。

車好きの心をわしづかみにする日産マーチ。これからも、目が離せませんね。

オープンカーに最適な季節

日産マーチは、トヨタ・ビッツ、ホンダ・フィットと共に、今人気の代表的リッターカーの一つです。

パイクカーの「Be-1」・「パオ」・「フィガロ」などは、実は、この日産マーチの派生車種です。
室内は意外と広く、大人4人が快適に過ごすことができる評判の車です。

最近のTVCMに日産マーチのオープンタイプが紹介されていることに気付いている方もいるのではないでしょうか。
今年、2007年夏に、マーチのオープンタイプが日本でデビューすることが決まりました。

このマーチのオープンタイプ、すでに欧州では人気です。
オペルの「206CC」や「ミニコンバーチブル」「オペルティグラ」などと共に「マイクラC+C」として発売されています。

日本の日産マーチでは、1997年にカブリオレモデルが発売されていますが、今回のマイクラC+Cは、幌ではなく、ハードトップタイプで、すこし、グレードアップしています。

オープンカーとなった日産マーチは、通常の日産マーチとかなり異なっています。
特徴はやはり、オープンになること、このため、後ろの方は完全にオリジナルのデザインとなっており、シルエットも大きく変わっています。

ルーフは、電動式グラスルーフで、約22秒で、開閉が可能、スタイリッシュなクーペ&コンバーチブルモデルとなっています。屋根を格納するトランクは、クーペ状態で457リットル、オープン可能状態で225リットルの容量があります。

気になるハンドルは右ハンドル、エンジンは、日本のマーチには存在しない、1.6リッターDOHC110ps。
これに4速ATが組み合わされたものです。

このような魅力満載のグラストップのオープンモデル、日産マーチは、屋根を閉じた状態でも、普通のクーペとしてとてもかっこいい自動車です。

実は、オープンカーに最適な季節は、冬なのですが、夏のデビュー時に手にいれて、秋、冬とオープンカーの醍醐味を堪能するもの良いと思いますよ。

ハッチバック型のコンパクトカー

日産マーチは、日産自動車が販売するハッチバック型のコンパクトカーです。
トヨタ・ビッツ、ホンダ・フィットと共に、今、日本でもっとも人気のあるコンパクトカーの一つです。

日産マーチは、コンパクトなボディーですが、室内は意外と広く、大人4人が快適に過ごすことができる車内となっています。

日産マーチのCMは、よく目にします。
最近のCMで、終わりの方に欧州モデルのオープンタイプのマーチが紹介されているのは、ご存知ですか。

2007年夏に、マーチのオープンタイプが日本でデビューすることが決まりました。日本では取り扱われておらず、マイクラC+Cという欧州モデルが輸入されることが決定しています。

日本の日産マーチでは、1997年にカブリオレモデルが発売されています。このカブリオレモデルは、幌がついていたタイプです。
今回のマイクラC+Cは、幌ではなく、ハードトップタイプで、すこしグレードアップしています。

日産マーチのオープン化にあたり、どのような点が変更になっているのでしょう。
見た目のシルエットもだいぶ変わっていますが、細かく見ていきましょう。

ベースのマイクラ(マーチ)に比べ全高を110mmダウン。全長を90mm延長し、ロングデッキ・ローフォルムのエレガントなスタイルとなっています。気になるハンドルは、右ハンドル車、違和感がありません。エンジンは日本仕様に存在しない1.6リッターDOHC110ps。これに4速ATが組み合わされたものです。
ルーフは、電動式グラスルーフで、約22秒で、開閉が可能です。

日産マーチのカブリオレモデルに続き、欧州モデルのオープンモデル。
どちらもとても魅力的ですが、今回、グラストップ採用ということで、ますます魅力的になりました。

普段はクーペとして使い、気候の良い時には、オープンとして楽しめる、このオープンモデルの日産マーチは、注目度ナンバー1間違いなしの一台です。

欧州モデル、マイクラC+C

日産マーチは、日産自動車が販売するハッチバック型のコンパクトカーです。
トヨタ・ビッツ、ホンダ・フィットと共に、今、日本でもっとも人気のあるコンパクトカーの一つですが、欧州市場での販売も視野に入れており、日本以外では「Micra(マイクラ、ミクラとも読む)」名で販売されています。

日産マーチは、本当に町でもよく見る車種の一つです。

最近のTVCMでは、マーチのオープンタイプが紹介されていますね。今年、2007年夏に、マーチのオープンタイプが日本でデビューすることが決まりました。

このマーチのモデルは、日本では取り扱われていないため、欧州モデル、マイクラC+Cが輸入車として、取り扱われます。
日本の日産マーチでは、1997年にカブリオレモデルが発売されています。このカブリオレモデルは、幌がついていたタイプです。

今回のマイクラC+Cは、幌ではなく、ハードトップタイプで、すこし、グレードアップしています。
マイクラC+C、欧州モデルの日産マーチは、フロントグリルの変更、ルーフを格納する後ろ部分の変更、車高、車長の見直しなど、さまざまな変更がかけられています。

そのほか、エンジンでは、日本仕様に存在しない1.6リッターDOHC110ps。これに4速ATが組み合わされたものとなっています。

トランクスペースはクーペ状態で457リットル、オープン可能状態で225リットルの容量があります。ハンドルは右ハンドルとなっています。

気になる、ルーフの開閉時間ですが、22秒とすばやい開閉時間となっています。

グラストップのオープンモデルは、屋根を閉じれはオープンカーであることを忘れるほど、普通の乗用車として扱えます。そして、オープンにすると、オープンカーでなければ、わからない爽快感があります。

グラストップモデルの日産マーチ、これから、注目度ナンバー1間違いなしの一台です。

注目度ナンバー1間違いなし

日産マーチは、日産自動車が販売するハッチバック型のコンパクトカーです。

トヨタ・ビッツ、ホンダ・フィットと並び、この日産マーチは人気のコンパクトカー御三家の一角を占めます。
コンパクトなボディーですが、室内は意外と広く、大人4人が快適に過ごすことができる車内となっています。

今、日産マーチでもっともホットな話題が、オープンモデルの発売です。
テレビCMでも少し紹介されている、マイクラC+Cというのが、このオープンモデルです。マイクラC+Cは、日産 マーチの欧州モデルで、2005年から欧州で販売されています。

日本の日産マーチでは、1997年にカブリオレモデルが発売されています。このカブリオレモデルは、幌がついていたタイプですが、今回、輸入が決定した、日産マーチ オープンモデルは、ハードトップタイプで、屋根を閉じた時には、通常のクーペタイプとなります。

オープンカーとなった日産マーチは、以下のような変更点があります。

1.日本未採用のスポーツグリル。

2.車高、車長の見直し。

3.ルーフを格納するためのドアから後ろのデザイン変更。

4.エンジンが欧州モデルの1.6リッターDOHC110ps。

5.トランクスペースは、トランクスペースはクーペ状態で457リットル、オープン可能状態で225リットル。右ハンドル車です。

そして、気になる屋根の開閉時間、22秒です。これなら、信号待ちの間にも開閉ができますので、急な雨に備えることもできるでしょう。

グラストップなので、屋根を格納すると、普段はクーペとして使うことができます。そして、気候の良い時には、オープンとして楽しめる、このオープンモデルの日産マーチは、1台でその用途は、2台分に相当します。

夏の発売が待ちどおしい、注目度ナンバー1間違いなしの一台です。
チェックしておいて下さいね。

オープンモデルのデビューが待ち遠しい

日産マーチは、本当によく目にしますね。

日産マーチは、トヨタ・ビッツ、ホンダ・フィットと共に、今、人気のコンパクトカーの一つです。コンパクトなボディーですが、合理的なキャビンを持ち、広い車内となっています。

専門家の評価も高く、特に2代目・K11型は日欧でカー・オブ・ザ・イヤーを同時受賞しています。

そんな日産マーチで今話題となっているのが、この夏発売予定のオープンモデルです。
正確に言えば、発売ではなく、欧州モデルの輸入が決定したと言うことです。
欧州モデル、マイクラC+Cとして、既に、生産されているモデル名です。

日産マーチは、1997年にカブリオレモデルが発売されています。このカブリオレモデルは、幌がついていたタイプですが、今回、発売の日産マーチオープンモデルは、ハードトップタイプで屋根を閉じた時には、通常のクーペタイプとなります。

オープンカーとなった日産マーチは、どのような変更があったのでしょうか。
見た目のシルエットもかなり変わっています。それ以外に、フロントマスクは欧州向けスポーツグリルを使用してあります。このフロントグリルは日本では採用されていません。

また、屋根の格納部分となるドアから後ろ、これは完全にオリジナルのデザインとなっています。

気になるハンドルは、右ハンドル、そして、特徴のグラスルーフは、約22秒と早く、信号待ちの間に可能な時間となっています。

グラストップのオープンモデルは、閉じると普通のクーペとして扱えます。
そして、オープンにすると、風を感じで走ることができます。

1台で2つの車を持つことができるような使い方ができる日産マーチのオープンモデル。

夏のデビューが待ち遠しいですね。